洗濯物を干す時、センタクバサミのあとがつくのが嫌です。

洗濯バサミのあとがつかないコツ

洗濯とおしゃれ着洗い 洗濯物を干す時、センタクバサミのあとがつくのが嫌です。特に大事な服の場合、くっきり跡がついていると悲しくなります。いちいちアイロンでその部分を伸ばすのも面倒ですよね。それは皆さんも同じなようで、ネット上には跡がつかないようにいろいろ工夫しているコツが紹介されています。ハンガーにタオルをまく、というのはハンガーの跡がつかないようにするのにはいいなと思いました。ハンガーの形がくっきりでてしまうのも気になっていましたから。ハンガーで服を収納する時にもいい方法かもしれませんね。

あと、センタクバサミ自体にバンドエイドなどを貼るという方法もあって、これは手軽でよさそうとも思いました。ただ、ギザギザの部分をなくしてしまうと、とめる力は弱まらないのかな、とは気になります。服が飛んでしまっては問題ですからね。ちょっとためしてみるのはいいかもしれません。あと、シンプルですが、物干し竿などに通してしまう、というのがありました。これは昔よくやっていた干し方ですが、確かにこれなら服は風で飛ばないし、センタクバサミもいらないから跡がつかないなと思いました。シンプルですが、この方法もいいかもしれません。他にもいろいろアイデアがあったので、一通り実践してみてどれがいいか比較してみるのもいいかもしれないです。